アイキャッチ

こんばんは

今回は、クレジットカードについて書いてみようと思います。

突然ですが…、あなたは、ショッピングする時の支払いは現金ですか?? それともクレジットカードですか??

私は、断然クレジットカードです!

その理由は…、それは、クレジットカードで支払いをすると、クレジットカード会社からポイントがもらえるからです。ポイント、それは、特典という浪漫です(*´д`*) もらったポイントには、素敵な景品と交換できたり、キャッシュバックできたりと、色々な使い道があります。クレジットカードによって様々です。

GARNET CROW / SPARKLE~筋書き通りのスカイブルー~ 分かりやすいよう、例を挙げてみましょう。例えば、あるアーティストの音楽CDを購入することになったとしましょう。そして、そのアーティストのグッズが店舗特典としてもらえるCDショップと、店舗特典のないショップがあったとします。どちらのショップでCDを購入するのがお得かは明白ですね。どうせ同じ値段でCDを購入するのですから、特典ももらえたほうが絶対嬉しいですよね。

クレジットカードで支払うということも、これと全く同じです。ショッピングすると、ついでに特典ももらえちゃう! クレジットカードで支払うことの魅力はこれにつきます。


そもそも、クレジットカードってなに??

クレジットカード仕事柄、たまに、「クレジットカードってなに??」という人に出会います。クレジットカードがどのような仕組みになっているのかが分からないそうです。銀行のキャッシュカードと形そっくりですからねぇ。仕方のないところでしょうか…。クレジットカードについて簡単に説明してみます。

クレジットカードとは、簡単に言うと、手元に現金がなくてもショッピングができるカードです。支払いは、後払いになります。

クレジットカードを持つには、自らがクレジットカード会社に申し込みをし、クレジットカード会社の審査に通らなければなりません。審査に通ると、クレジットカード会社からクレジットカードが郵送されてきます。合わせて、クレジットカードの利用限度額も通知されます(例えば30万円まで利用可能など)。

その利用限度額の範囲内でなら、何度でもクレジットカードを使用してショッピングが可能です。利用限度額が30万円なら、今日1万円の洋服を買って、5日後に10万円の炊飯器を買うといった使い方ができます。

ショッピングした分の支払いは、あらかじめ指定しておいた自分の銀行口座(みずほ銀行などの口座)から、後日、自動的に引き落としとなるのが一般的です。ショッピングした月の1~2ヶ月後に引き落としというクレジットカードが多いでしょうか。

クレジットカードは、このような仕組みになっていますので、見方によると一種の借金と言えるかもしれません。手元に現金がなくてもショッピングできちゃう、特典がもらえるというメリットがありますが、ショッピングした分は、当然、いつかは支払わなければなりませんので、自分の支払い能力以上のショッピングをしてしまうと、借金地獄にハマり込んでしまうというデメリットもあります。下手をすると自己破産まっしぐらです。

借金地獄は、その言葉通り、まさに地獄です。借金のことで頭が一杯になり、日常生活にも影響を与えます。非常に辛い日々を過ごしていくことになります。ですので、大きな買物をするときは、余裕をもって返済できるのかを慎重に慎重に考え、計画的に利用するのが、クレジットカード利用の大前提になります。クレジットカードに慣れてくると、借金をしているという感覚が薄れてきますから、十二分に注意しなければなりません。

クレジットカードのおおよそは分かっていただけたでしょうか??


怖い怖いリボ払い

通常、クレジットカードでショッピングした分の支払いは、一括払いになります。10万円分のショッピングをした場合の支払いは一括で10万円です。指定した銀行口座から、後日、10万円が自動的に引き落とされます。

この一括払いが一般的なのですが、最近、クレジットカード会社が大プッシュしているリボ払いという支払い方法もあります。大きな買い物をしても、月々の支払額はほぼ一定で、支払額もそれほど多くないため(月々5千円ずつなどの定額の支払額)、無理なく返済できるというのがうたい文句のようです。

しかし! これには大きな罠があるんです! 月々の返済額が多くなく月々の負担が軽いというメリットがある代わりに、非常に高い手数料を支払わされます。手数料は、なんと消費者金融の利息と同等の年率15%~18%、というクレジットカードが多いです。高すぎですよね…。

どれだけ手数料が高いかを見てみましょう。例えば、30万円のテレビをリボ払いで購入したとします。この場合の手数料は、単純計算で1年間に4万5千円~5万4千円になります(年率15%~18%で計算)。月々の返済額がそれほど多くないことは前述の通りですが、例えば、月々の返済額が5千円のクレジットカードだった場合、月々の手数料は3,750円~4,500円となり、返済した5千円のそのほとんどが手数料分として消えてしまうんです。結果、返済がいつになっても終わらないということになってしまいます。これがずーーーっと毎年毎年続いていくんです。ほんと怖いですよ。

これはあくまで極端な例です。30万円の商品をリボ払いで購入して、月々の返済額が5千円というクレジットカードはないかもしれません。もっと返済額は多くなるのではないかと思います。しかし、その手数料の高さはお分かりいただけたことと思います。いや、分かってください。ほんと怖いですよ。消費者金融の金利と同じなんですから! 怖いからクレジットカードは持たないという人もいるくらいです。

クレジットカードのリボ払いは怖い。利用残高がなかなか減らない。これを是非、強く心に刻んてください。


意外と役に立つクレジットカードの複数持ち

上記のように、怖い面もあるクレジットカードですが、上手に使えば、特典を受け取れる大変魅力的なものです。

更に、手元に現金がなくてもショッピングができちゃうのがクレジットカードですので、クレジットカードを複数持ちし、それを分散させて常備しておくと、意外と役に立つ場面があるんですよ。

実際、私もクレジットカードの複数持ちをしており、社員証入れと車のダッシュボードに、サブのクレジットカードをそれぞれ1枚ずつ常備するようにしています。これらのクレジットカードには何度も助けられています。

クレジットカードの複数持ちが役に立つ場面とは…、お気づきかもしれませんが、家に財布を忘れてしまった時です。外出間際のドタバタのせいで、外出時に財布を忘れたりスマホを忘れたりすることってありませんか?? 私を含め、誰でも思い当たる節はあるのではないでしょうか笑

会社へ行く時に財布を忘れてしまうと、お昼ごはんを買うことができません。社員証入れにサブのクレジットカードを常備しておくと、コンビニやスーパーでお昼ごはんを買うことができます。

また、買い物に出たのに財布を忘れてしまうこともあります。お店に着いてから財布を忘れたことに気づくんですよね笑。そんなときは、もうため息しか出ません。車のダッシュボードにサブのクレジットカードを常備しておくと、泣く泣くそのまま帰宅する、といったことなく、きちんと目的のものが購入できるんです。

これ、本当に助かりますよ。サブのクレジットカードを持ち、身近なところに何枚か常備しておく方法は、いざというときに意外と役に立ちます。

JCBが発表したクレジットカードの調査データ(2015年度版)別ウィンドウで開くによると、日本では一人あたり平均3.2枚のクレジットカードを持っているそうです。もし、まだサブのクレジットカードを持っていない人がいたら、クレジットカードの複数持ちを検討してみてはいかがでしょうか?? 下で、私が使用しているおすすめのクレジットカードを紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。財布を忘れた時に困らずに済むかもしれませんよ。


おすすめしたいクレジットカード

P-oneカード
P-oneカード(ブルー)
クレジット
カード
P-oneカード(ブルー)別ウィンドウで開く
発行会社ポケットカード株式会社別ウィンドウで開く
年会費無料
支払日毎月1日
ブランドMasterCard / VISA / JCB
ETC
カード
有料
新規発行手数料:1,000円(税抜)
更新手数料:1,000円(税抜)
特徴請求時に請求額が自動的に1% OFF
備考この「P-oneカード(ブルー)」は新規発行が中止され、現在は、後継カードとしてPRP-oneカード<Standard>別ウィンドウで開く が発行されているようです。カードの内容は同等と考えていいと思います。1% OFFが嬉しいカードです。

私のメインカードです。発行会社のポケットカードはあまり聞き慣れない会社かもしれませんが、ファミマTカードを発行している会社なんですよ。

ファミマTカード
ファミマTカード

このP-oneカードは、請求時に、請求額が自動的に1% OFFになることが魅力のクレジットカードです。日常のショッピングから、公共料金やスマホ料金などの請求まで、全部1% OFFになっちゃいます!(ただし、電子マネーチャージ(nanaco等)やETCカード利用分等は除く)。

0.5%のポイント還元率が多いクレジットカードの中で、1%の還元率はなかなか頑張っているカードだと思います。※更にポイント還元率の高いクレジットカードの情報を知りたい人は、価格.com別ウィンドウで開くなどで比較・検討できますので参照してみてください(リボ払い専用カードや年会費有料のカードはポイント還元率が高い傾向にありますが、特にリボ払い専用カードには注意してくださいね)。

このP-oneカードの請求額 1% OFFがどんな感じか興味のある人は、下のWeb明細の画像を見てみてください。

P-oneカード - 1% OFFの詳細

P-oneカード - 1% OFFの詳細
P-oneカード - 1% OFFの詳細

公益財団法人生命保険文化センターのWebサイト別ウィンドウで開くに、総務省「家計調査」のデータが載っていました。2人以上の世帯の1ヵ月の平均消費支出額が分かります。

総務省「家計調査」のデータによると、2015年の勤労者世帯のうち2人以上の世帯の消費支出は1ヵ月平均315,379円となり、前年に比べ増加しました。支出の内訳をみると「食料」が約7.4万円と最も高く、次いで「その他(諸雑費、交際費、仕送りなど)」が約6.4万円、「交通・通信費」が約5.0万円となっています。

2人以上の勤労者世帯の消費支出(単位:千円)
地域消費支出(合計)食料住居光熱・水道家具・家事用品被服及び履物保健医療交通・通信教育教養娯楽その他
全国315.474.319.523.011.013.611.050.018.230.464.3

引用サイト:公益財団法人生命保険文化センター別ウィンドウで開く

この「家計調査」のデータから、P-oneカードの1% OFFの実力を検証してみたいと思います。1ヶ月間に還元される金額はどれくらいなのか、個人的にすごく興味があります。

上で引用した表の中で、クレジットカード払いが可能と思われる項目は、食料(イオンなどで)、光熱・水道(東京電力、東京都水道局などで)、家具・家事用品(ニトリなどで)、被服及び履物(ユニクロ、ABCマートなどで)、交通・通信(JR、auなどで)になりますでしょうか。これらの消費支出額の合計を計算してみると、

74.3 + 23.0 + 11.0 + 13.6 + 50.0 = 171.9千円(17万1900円)

になります。この1% OFFですので、単純計算で1ヶ月で1,719円 OFFという結果になりました。1年間では20,628円 OFFです。ちょっとしたお小遣いになりますね。色々な支払いを現金からクレジットカードへ変更するだけで、これだけのお金が手に入る! クレジットカード払いはやっぱりお得です!

あなたも、消費税8%の時代に、PRP-oneカード別ウィンドウで開くで消費税7%生活を送ってみてください!

P-oneカードの詳細はこちらから





Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカード
クレジット
カード
PRYahoo! JAPANカード別ウィンドウで開く
発行会社ワイジェイカード株式会社別ウィンドウで開く
年会費無料
支払日毎月27日
ブランドMasterCard / VISA / JCB
ETC
カード
有料
年会費:500円(税抜)
Apple Pay対応
特徴カード利用100円につきTポイント1ptがたまる(1円相当)。Tカードとしても利用可能で、Tポイント提携店ではTポイントがさらにたまる。
備考Yahoo!がTポイントを展開するCCCと提携したことで、Tポイントを強力にプッシュしています。Tポイントをためるのに適したYahoo!のカードです。

次に紹介したいのは、Yahoo! JAPANカードです。

このクレジットカードは、最近入手しました。こちらも年会費永年無料ですので、申し込みしやすいクレジットカードだと思います。更に、カード発行&カード1回利用で、期間固定のTポイントが7,000ポイント(7,000円相当)もらえるPRキャンペーン中別ウィンドウで開くですので、より申し込みしやすくなっています。

更に、Yahoo!プレミアム(月額462円(税抜))への同時加入で、期間固定のTポイント5,000ポイント(5,000円相当)が追加でもらえます。

このキャンペーンでゲットできる期間固定のTポイントは最大で12,000ポイント(12,000円相当)にもなります(2017.03.13現在)。大盤振る舞いですね。

Yahoo! JAPANカードの発行で獲得した期間固定のTポイント
Yahoo! JAPANカードの発行で獲得した期間固定のTポイント(画像クリックで拡大表示別ウィンドウで開く
Yahoo!プレミアムには加入しませんでしたので、獲得したTポイントは7,000ポイント(7,000円相当)でした。

このキャンペーンでゲットできる期間固定のTポイントとは、使用期限のあるTポイントで(2017年7月15日まで)、ポイントの使用場所がYahoo!関連サービスに限られますので注意してください。Yahoo!ショッピングLOHACOヤフオクGYAO!ストアYahoo!公金支払いなどで使用できます。

私は、ゲットした期間固定Tポイントは、PRLOHACO別ウィンドウで開くPRマルちゃんのワンタン別ウィンドウで開くの購入にあてようと思います(私の知る限り、LOHACOがマルちゃんのワンタンを最安値で買えるショップです)。会社のお昼休みに食べるんです(*´д`*)

マルちゃん ワンタン しょうゆ味
PRLOHACO マルちゃん ワンタン しょうゆ味別ウィンドウで開く

Tポイントを導入・推進しているYahoo!だからでしょう。Yahoo! JAPANカードは、Tポイントに特化したクレジットカードになっています。

通常、クレジットカード利用で獲得できるポイントは、クレジットカード会社独自のポイントということが多いのですが、Yahoo! JAPANカードの利用で獲得できるポイントは、Tポイントです。その還元率も、1%と高く設定されています(クレジット利用100円につきTポイント1ポイント(1円相当)がたまります)。この高いポイント還元率、おすすめです。

更に、ファミリーマートウエルシアTSUTAYAENEOSなどのTポイント提携店舗でYahoo! JAPANカードを使用すると、クレジットカードの1%還元に加え、店舗が発行するTポイントがWでたまります。この場合の還元率は1%を超えます。

例えば、ドラッグストアのウエルシア別ウィンドウで開く。購入108円(税込)につきTポイントが1ポイントたまります(還元率約2%)。

特に、毎週月曜日にはTポイントが2倍たまりますし(還元率約3%)、毎月20日にはTポイントで支払うと1.5倍分のショッピングができます(例えば、Tポイント10,000ポイント(10,000円相当)で、15,000円分のショッピングができる)。

ですので、月曜日にYahoo! JAPANカードでショッピングして、20日にTポイント払いでショッピングした場合、その還元率は、約4.5%にもなり、大変お得です。お得すぎて、私はTポイントは、ほぼウエルシアでしか使いません。

余談ですが、ウエルシアでは、毎月15・16日はシニアズデー別ウィンドウで開くになっており、65歳以上の人は、Tポイントが3倍たまります。この場合のポイント還元率は、約6%になります(20日にTポイント払いでショッピングした場合)。

参考:ウエルシア店舗検索

このように、Yahoo! JAPANカードTポイントがザクザクたまりやすく、Tポイントを使い倒せるクレジットカードです。デザインも、画像では分かりにくいですが、つや消しのマットブラックでカッコよく(レッドも選択できます)、所有していて満足感を得られるカードになっています。

Yahoo! JAPANカード(ブラック) Yahoo! JAPANカード(レッド)

今回、申し込みをしてみて、Yahoo! JAPANカードは非常に意欲的なクレジットカードのように感じました。下が、申し込みからカードが届くまでの流れです。その発行スピードに注目してみてください。

  • 2017/03/13 01:19 Webから申し込み実施
  • 2017/03/13 08:41 審査完了。審査に通った旨メールが届く
  • 2017/03/16 12:11 カードを発送した旨メールが届く
  • 2017/03/17 手元にカードが届く。ちなみに宅配業者は佐川急便

申し込みから、手元にカードが届くまでが4日と超早いです。カードの発行に、本人確認が不要で(会社へ電話確認なし)、ハンコも不要という点などは、常軌を逸しています。聞いたことがありません。

このように、申し込み手続きが大胆に簡素化されており、Webだけで申し込みが完結します。この独特な仕組みは、ユーザの獲得やユーザの利便性を追求するYahoo!ならでは、といったところでしょうね。他の会社じゃ真似できないんじゃないかなぁ。おのずと、今後、更なる独特なYahoo! JAPANカードのサービスを受けられるんじゃないかという期待が生まれます。

更に、届いたカードを見てみると、利用限度額はなんと70万円でした。初めて契約するクレジットカード会社で、この利用限度額は、私の年収からは通常考えられません。

これらを総合的に見てみると、Yahoo!がこのクレジットカードに相当力を入れているだろうことが十分推測できます。そういう意味では、審査に通りやすいクレジットカードかもしれませんね。

Tポイントが最大12,000ポイント(12,000円相当)ゲットできるこの機会に、あなたもPRYahoo! JAPANカード別ウィンドウで開くを入手してはどうでしょう?? 12,000ポイントを還元してまで、利用者の獲得を狙っている意欲的なクレジットカードです。あなたの申し込みを待っているはずですよ。きっと。

ウエルシアなどのTポイント提携店と併用し、十分過ぎるほどメインカードになり得る実力を持っているYahoo! JAPANカード。サブカードにするもよし、おすすめの一枚です。※ブランドは、nanacoとの相性のよさを考え、JCBを選択することをおすすめします。





Yahoo! JAPANカード P-oneカード<Standard> セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
Yahoo! JAPANカード PRYahoo! JAPANカード別ウィンドウで開く
P-oneカード<Standard> PRP-oneカード<Standard>別ウィンドウで開く

共にポイント還元率の高いお勧めのクレジットカードです。永年年会費無料なので申し込みしやすいと思います。特にYahoo! JAPANカードは、大変意欲的なクレジットカードだと感じました。是非、PR最大12,000円相当のTポイントをゲットしてください!

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード PRセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード別ウィンドウで開く

この道を行く。いつかは持ってみたいアメックス・ゴールドカード。セゾンカードとは1995年から20年以上の付き合いです。信頼できる会社ですよ。




最後までお読みいただき、ありがとうございました!